Caché って、どんなデータベース?

Caché は、「オブジェクト指向 データベース」という種類のデータベースであり

Wikipedia では

オブジェクトデータベースは、オブジェクト指向プログラミングで使うオブジェクトの形式で表現されるデータを格納するデータベースである。 オブジェクト指向データベースともいう。オブジェクト指向プログラミングにおいて、オブジェクトをデータベースに格納(永続化)する方法の一つである。オブジェクトデータベースは、オブジェクト指向プログラミング言語と密接に連携する。 オブジェクトデータベースのデータベース管理システム (DBMS) を、
・オブジェクトデータベース管理システム (ODBMS; Object DBMS) 、あるいは
・オブジェクト指向データベース管理システム (OODBMS; Object Oriented DBMS) という。
データベースの能力とオブジェクト指向プログラミングの能力が結びついて開発された技術が ODBMS である。

詳細は、こちらをご参照ください。

オブジェクトデータベース - Wikipedia

勝手に理解すると
・テーブルに相当するクラス
・カラムに相当するプロパティー
にオブジェクトの永続化をプラスしたものですかね

Caché の概要

Caché 非構造化データ分析を実現 | インターシステムズ
InterSystems Caché 膨大なデータのための革新的なデータベース。 Caché非構造化データの分析とトランザクション管理についてはこちらから